サンタランドの考え

広尾サンタランドはノルウェー・オスロ市から日本では唯一のサンタランドとして認定されたもので、その基本理念は「愛と平和、感謝と奉仕」です。

考えるサンタサンタランドは言いかえれば「サンタの世界が持つ愛、夢、ロマン、憧れ、優しさがあり、いつまでも誇らしさや思い出が育つ町」という意味であり、本来その具体的なイメージはそれぞれの時代、人、地域によって育てられます。

広尾サンタランドは、いわば本家であるノルウェーのイメージを尊重しながらも、長い時間をかけて「広尾町らしい魅力、夢、ロマンのある町」、「幼児から高齢者まで幅広い層が参加し、愛や優しさ、誇りや思い出が育つ町」を実現し、育てられていくことが最も重要と考えます。

今後は、「サンタランド」をまちづくりのCI(コミュニティ・アイデンティティ=地域らしさ)の目標とし、町民はもとより多くの人々の参加を得て、まちづくりや地域の活性化へ着実につなげて行きます。