サンタランドの基本理念
愛と平和、感謝と奉仕

北海道十勝にある広尾町はサンタクロースの故郷ノルウェーのオスロ市が認めた国外初、日本で唯一のサンタランドです。
サンタランドの活動拠点であるフログン市と友好交流提携を結び、
サンタランドの基本理念「愛と平和、感謝と奉仕」に基づいたまちづくりを行っています。

広尾サンタランドの
考え

サンタランドは「サンタの世界が持つ愛、夢、ロマン、憧れ、優しさがあり、いつまでも誇らしさや思い出が育つ町」であり、それぞれの時代や人、地域によって具体的なイメージが異なります。私たちは「広尾町らしい魅力、夢、ロマンのある町」、「幼児から高齢者まで幅広い層が参加し、愛や優しさ、誇りや思い出が育つ町」の実現のため、「サンタランド」をまちづくりの柱とし、地域の活性化に向けたさまざまな活動を行っています。

サンタランド事業

日本一早いクリスマス点灯式である「サンタランドツリー点灯式」、15万球のイルミネーションで彩る「サンタランドイルミネーション」など、サンタランドのシンボル地である大丸山森林公園の整備と管理を行っています。2020年にはシンボルツリーとなるクリスマスツリーが植樹されました。

大丸山森林公園
サンタの家

大丸山森林公園内にある「サンタの家」では一年中クリスマスグッズを販売しています。ここでしか手に入らないものもあり、特にクリスマスシーズンには多くの人でにぎわいます。

サンタの家 営業時間

  • 4月下旬~9月 午前10時~午後6時
  • 10月~12月  午前10時~午後8時
  • 1月~4月下旬 午前10時~午後4時

※12月26日~1月9日は休館

2021年6月21日から10月中旬まで
施設改装のため休館

広尾サンタランドの
マスコット

広尾サンタランドにはかわいいマスコットキャラクターがいます。森の妖精「ツリーくん」とサンタクロースの孫「さーたちゃん」。2人は「サンタランドツリー点灯式」などのイベントに登場したり、カントリーサインやパンフレットなどに姿を見せたりと活躍中。広尾町を盛り上げています!